山手線の駅をスタートに交通費込みで3000円で出かけられる場所を探します。
※飲み物代は考慮しませんので水筒をご持参ください。
今回は品川駅から三浦半島までのお出かけです!

京急電鉄の三浦半島1DAYきっぷ を利用

三浦半島1DAYきっぷとは金沢文庫より南のエリアの京急全線(本線、久里浜線、逗子線)及び主要な観光スポットを経由する京急の路線バスをほぼ網羅しているきっぷです。

きっぷは京浜急行各駅(泉岳寺駅は除く)の自動発券機で購入できます。

品川からだと1960円になります。

詳細:京急電鉄の公式サイト

出費:1960円

9:00 品川を出発 ~残金1040円

品川駅の京急線のホームからスタートです。

まずは三崎漁港を目指すので三崎口駅まで向かいます。1時間30分程かかります。

10:30 三崎口駅に到着 ~残金1040円

三崎口駅からは京急バスで三崎港まで向かいます。バスで15分程で着きます。 三浦半島1DAYきっぷ が利用できます。

11:00 三崎漁港に到着 ~残金1040円

三崎漁港を散策しましょう。磯の香りを感じて気持ちの良いお散歩です。

三崎漁港周辺には情緒のある商店街もあります。

せっかく三崎漁港に来たのでランチにはマグロを食べたいですね!
しかし、残りの予算が1040円しかないので。。。お寿司屋やマグロ丼は食べられません。

でも大丈夫!リーズナブルに美味しいマグロが味わえる「まぐろラーメン」を食べましょう。

中華料理 港楽亭の「三崎まぐろラーメン」850円がお勧めです。

中華料理港楽亭 公式ページより引用

マグロの頭や中骨を使った出汁で作ったスープとマグロの角煮がのっていて、マグロがたっぷりと味わえる1杯です。

出費:850円

13:20 バスで三崎口駅へ ~残金190円

お昼も食べたのでバスで三崎口駅へ向かいます。

14:00 横須賀へ向かう ~残金190円

三崎漁港を楽しんだ後はアメリカな雰囲気を味わえる横須賀に向かいます。横須賀までは電車で20分程です。

14:30 横須賀を散策 ~残金190円

横須賀中央駅に到着です。横須賀の街を散策しましょう。

まずは、横須賀の中心地であるどぶ板通り商店街に向かいます。

横須賀には米軍の基地があるので米軍の方向けへのお店もありアメリカンな雰囲気を感じることができます。

スカジャンの発祥地としても有名です。

続いて海沿いにあるヴェルニー 公園に向かいます。

緑が多く綺麗な公園です。

海沿いにはボードウォークも整備されており、お散歩にはうってつけです。奥に海軍の軍艦も眺めることが出来ます。

お散歩を楽しんだ後は小腹が空いたので、おやつを食べに汐入駅近くのぱんプキンというパン屋さんへ。

評判の横須賀海軍カレーパンが183円です。 中に福神漬けが入っているのがポイントで沢山入ったカレーと、シャキシャキした触感の福神漬けの相性がとても良いです。

食べログのページはこちら

出費:183円

16:00 汐入駅から品川へ ~残金7円

17:00 品川駅に到着 ~残金7円

という訳で三浦半島へのお出かけはこれで終了です。

掛かった費用は2993円所要時間は8時間です。

京急電鉄の三浦半島1DAYきっぷ を使った三浦半島の観光でした。三崎漁港や横須賀を楽しめて三浦半島の醍醐味を3000円で1日たっぷり味わえる旅でした。